みんなで守ろう。おおさか 商店街行動宣言

ギャルみこし うちわ配布

2020.06.30
大阪市北区
天神橋筋商店会
感染症対策

 天神橋筋商店街(大阪市北区)。現在は人通りが戻りつつあるものの、コロナウイルスの影響で、一時はお客様が激減したといいます。今年は、「天神祭」の大半の行事も中止する運びに。同商店街内を巡行する「ギャルみこし」も例外ではありませんでした。

 

 オーディションを勝ち抜いた女性が宵宮の前日に、商店街内を練り歩く「ギャルみこし」。主催の天神橋筋商店会は、例年参加者募集のころに配布し、ギャルみこしをPRする「うちわ」だけでも皆さんに届けたいと現在制作中。片面に「ギャルみこし」と「また逢う日まで」というメッセージをデザインしました。裏面にも、商店街からの、今を乗り越えるための熱い励ましのメッセージが込められています。コンパクトなタイプで、バッグに入れても持ち運びやすく使いやすいサイズ。7月以降にお買い物頂いたお客様に店頭でプレゼントするべく、準備しています。

 

 天神橋筋商店会総務部長の佐藤暢大さんは、「大変なときに来ていただいたお客様へ、本当に感謝しています。商店街は、歩くだけで、階段があったりエレベーターがあったりすることもなく色んなものが楽しめる場所です。会員からも好評の「みんなで守ろう。おおさか」のタペストリーやのぼり、啓発ポスターなどで商店街の安心安全をPRし、精一杯、感染症を防ぐべく努力していますので是非ぶらりと来て頂けたら」と話しています。

プロジェクト周知する、大型のタペストリーを掲出し取り組みをPR

 

店頭にはアルコール除菌液と啓発サインを掲示