みんなで守ろう。おおさか 商店街行動宣言

ポイントが貯まる「QRカード」広めたい<GoTo商店街>

2021.02.26
北河内地域枚方市
泉北地域
宮之阪中央商店街
需要喚起

枚方市にある宮之阪中央商店街では、大阪府の感染症対策等支援事業の啓発ポスター、のぼりの掲出を行いながら商店街での買い物やイベントへの参加によりポイントが貯まる商店街独自のQRコードを掲載した「ふれiスマイルカード」を地域に広める事業が国のGoTo商店街事業に採択されました。

商店街では、色んなところに消毒液を設置し、来街者にはマスク着用を呼び掛けるなど感染対策をしっかり行ったうえで、昨年12月19日、満を持して「歳末大感謝祭」を開催しました。空き店舗2カ所を使って音楽の演奏、チアリーディング、書道のパフォーマンスなどが披露され、その模様は動画配信サイトのYouTubeでも公開。その日に合わせ「ふれiスマイルカード」の申し込み受け付けも開始しました。

また、「ふれiスマイルカード」を周辺住民に広く周知するため、ポスティングやお客さんへの声掛けなどを商店街が一丸となって実施。現在も申し込みを受け付けています。現在、17店舗が本事業に加盟しており3月末までに40店舗の加盟を目指しています。


「よく利用するお店がふれiスマイルカードを導入していたら、お客さんも快く申し込みをしてくれる。緊急事態宣言の影響で歳末大感謝祭の後は大々的なイベントを開催して宣伝することができなかったので、今後はそんな機会も作りたい」と宮之阪中央商店街振興組合の、みやサポ事業部松宮信代さん。

「3月以降はふれiスマイルカードの機能を持ったアプリの申し込みもスタートし、新型コロナウイルスの感染状況をみながら、夕市の復活や夏の抽選会など、ふれiスマイルカードに貯めたポイントを使う企画をたくさん考えたい」と笑顔で話してくれました。

宮之阪中央商店街振興組合のHPはこちら

 

QRカードを宣伝するチラシ

 

歳末大感謝祭でQRカードの申し込みを受け付け

 

歳末大感謝祭のチアリーディングの様子