みんなで守ろう。おおさか 商店街行動宣言

和泉市の9商店街がタッグを組んだイベント 乞うご期待!

2020.09.25
泉北地域和泉市
エコール・いずみ
感染症対策

泉北高速鉄道の和泉中央駅を降りてすぐに見えてくる「エコール・いずみ」。食品や衣服など、生活に欠かせない店舗が入った地元密着型のショッピングモールです。1階広場では毎週金曜日にキッチンカーが出店、全国各地の旬を味わう物産展も催されるなど大勢の人でにぎわいます。屋外スペースでは、音楽イベントや飲食店が並ぶマルシェを開催。9月18日は「九州物産展」が開かれていて、多くのお客さんが楽しそうに買い物をされていました。

ただ、今年はコロナ禍で大規模なイベントは軒並み中止に。今はとにかく感染者を出さないようにモールの入口など16カ所にアルコール消毒液を置き、1日に何度も補充しています。店舗の従業員にもマスクを配り、レジには飛沫防止のパネルを設置して感染症予防を徹底しています。なんとアルコール消毒液は1日に5リットルも消費するそうです。

また、「エコール・いずみ」ではアプリを使った情報発信に力を入れています。50代以上が中心の客層にショッピングモールの魅力を伝えるには、どんな発信をすれば良いか模索しながら、様々なことに挑戦中。今後、ある程度コロナが収束した時点で、和泉市にある9商店街合同のイベントを計画しているとのこと。詳細はまだ秘密ですが、「この9つの商店街をもっと広く大勢の人たちに知ってもらい、日々、足を運んでもらえるようにしたい」とエコール・いずみ営業所営業課の中田雅之副長。和泉市の商店街の魅力を楽しみながら巡るイベント、乞うご期待です!



啓発を呼びかけるもずやん

 

店舗には啓発ポスターも掲示

 

1階の広場にはキッチンカーも