みんなで守ろう。おおさか 商店街行動宣言

来年の「だんじり祭り」に備え、心をひとつに感染予防徹底

2020.09.29
泉南地域岸和田市
岸和田駅前通商店街
感染症対策

南海本線の岸和田駅を降りてすぐにある岸和田駅前通商店街。言わずと知れた「だんじり祭り」の街にあるこの商店街は、全長265メートルの開閉式アーケードの両側に、約60の店舗が軒を連ねています。祭りの間は、だんじりが商店街の中を走り抜けるため毎年多くの見物客が集まります。他にも4月と11月に「どんチャカフェスタ」という7商店街が一緒なって盛り上がるイベントがあります。縁日の屋台がずらり並ぶほか、おもちゃ釣りやダーツなど子供に人気のゲームや大道芸フェスティバルなど多彩な催しが開かれ、商店街は人であふれ返ります。

しかし、今年は新型コロナウイルスの流行でだんじり祭りはもちろん、全てのイベントが中止になりました。「全国的な影響とはいえ、疫病退散を祈願するだんじり祭りの中止はとても悔しい」と岸和田駅前通商店街振興組合理事長の永谷久倫さんは話します。来年は必ずや、あの熱気が戻って来ることを信じて今は感染拡大防止をしっかりするしかありません。

ふらっと立ち寄った商店街の中にあるレトロな喫茶店では、お客さんが出入りする度にドアノブやテーブルをこまめに消毒されていました。小さなことですが、そういう地道な取り組みが感染予防につながると思います。約300年の歴史と伝統を誇るだんじり祭りの開催を願い、今は心をひとつにして感染症対策を徹底し、力を蓄えています。

「密は避けてね」もずやんと南泉州のキャラクターなすびんが一緒に感染症対策をPR

 

店頭に設置している検温計とアルコール消毒に挑戦

 

感染症対策をPRする岸和田駅前通商店街の皆さん