みんなで守ろう。おおさか 商店街行動宣言

「ハロウィンかそうキッズスタンプラリー」に子どもたちが歓喜

2020.11.25
大阪市福島区
野田新橋筋商店街
感染症対策

野田新橋筋商店街は、阪神野田駅からJR野田駅をつなぐ約300メートルのアーケード商店街です。

新しい生活様式を模索するなか、10月31日に「ハロウィンかそうキッズスタンプラリー」が開催されました。

例年のハロウィンイベントでは仮装した子どもたちのパレード、ハロウィンにちなんだ和菓子のお茶席、ブラスバンドの演奏が行われていましたが、今回は例年通りの開催では密になると判断し、スタンプラリーに形を変えて行われました。

スタンプラリーは商店街中央でカードを配布、参加者はそのカードを持って商店街の入り口側と出口側の店舗へ行き、カードにスタンプを押してもらうとお菓子がもらえるというものです。

新型コロナウイルス感染症防止対策のため、大阪府の感染症対策等支援事業の啓発のぼりやポスターを随所に掲出。来街者には事前にマスク着用を呼びかけ、各店舗以外にも4カ所に消毒液を設置して行われました。

「用意していたお菓子200個が全てなくなるほどご好評いただきました」と野田新橋筋商店街企画担当の加茂裕美さん。
「子ども連れのお母さんたちからは『新型コロナウイルス感染症の影響で子どもが参加できるイベントがなくなっていたので、参加できて良かった』『子どもと衣装を選んだり作ったりして準備する時間も楽しかった』と、とても多くの感謝の言葉をいただきました」と手応え十分。

今年の仮装は、流行を反映して大人気漫画のキャラクターに扮した子どもたちがフォトスペースで記念撮影しました。

仮装した子どもたちが商店街を歩き回り、店主さんやお客さんも活気付いたといいます。また、カラフルな風船で動物や花を作るバルーンアートのコーナーも子どもたちの心をつかみました。

加茂さんは「新型コロナウイルス感染症が流行後、初のイベントでしたが問題なく終えられたので、次は12月に『100円商店街』を開催します。もっと子どもたちに喜んでもらえる企画もしたい」と今後の展望を語ってくれました。

野田新橋筋商店街のfacebookはこちら


カードにスタンプをゲット

 

フォトスペースでハイチーズ

 

新型コロナウイルス感染症対策も万全