みんなで守ろう。おおさか 商店街行動宣言

ビンゴスタンプラリーで特産品を当てよう<GoTo商店街>

2020.12.07
北河内地域交野市
星田駅前商店会
需要喚起

星田駅前商店会は交野市のJR星田駅前にある商店会です。今回、大阪府の感染症対策等支援事業に参画し、新型コロナウイルス感染症対策に取り組みながら、国のGo To商店街事業に採択されました。

12月14日からはLINEで商店街のお得情報や星田の「星の降る里伝説」や交野市の「七夕伝説」にまつわる場所や魅力を発信し、日頃から商店街を利用しているお客さんや新しく星田に来た住民に商店街の魅力をアピールしていきます。

イベントは、12月14日から2月7日まで「ビンゴスタンプラリー」を開催します。専用の台紙を各店舗に置くほか新聞折り込みで地域の皆様に広く周知したうえで実施します。期間中、買い物客が地域にまつわるクイズに答えて台紙のビンゴを完成させると、交野市の特産品などが当たるというものです。商店街のほぼ全ての店舗が参加を予定しています。「ビンゴのマスに店舗名を記載されているので、これまで知らなかったお店を知る機会にもなる」と星田駅前商店会会長の平井清隆さん。「商店街に親しみを持ってもらうと同時に、利用したことがないお店や交野市の魅力を多くの人に知って欲しい」と期待を込めています。

ビンゴスタンプラリーの抽選は1月23日から2月7日に実施予定。商店街に開設された抽選スペースに、完成したビンゴスタンプラリーの台紙を持っていくと参加できます。新型コロナウイルス感染症対策として、商店街では周辺が密にならないようにビンゴスタンプラリーと抽選の期間を長く設定しています。

「みんなで守ろう。おおさか」のスローガンのもと、各店舗にポスターの掲示、街灯にはのぼりを掲出、星田駅を出てすぐのところには大きな横断幕を設置し、新型コロナウイルス感染症対策の啓発にも取り組んでいます。

みなさま、是非、お越しください。

星田商店街の様子

 

星田駅前の横断幕

 

「みんなで守ろう。おおさか」ののぼりで感染対策呼びかけ