みんなで守ろう。おおさか 商店街行動宣言

「歳末大売り出し」で現金を当てよう!<GoTo商店街>

2020.12.07
三島地域茨木市
茨木阪急本通商店街
需要喚起

茨木阪急本通商店街は、阪急茨木市駅から茨木神社へ続くアーケード商店街です。

今回、大阪府の商店街感染症対策等支援事業に参画。「みんなで守ろう。おおさか」のスローガンのもと、新型コロナウイルス感染症対策に取り組み、国のGoTo商店街事業に採択され、12月7日から12月12日まで「歳末大売り出し」の開催が決まりました。

6日間の大売り出し期間中、新型コロナウイルス感染症対策として、マスクや消毒液を設置。商店街に啓発ポスターやタペストリーを掲出するとともに放送で来街者に対してもマスク着用を呼びかけます。

毎年の恒例行事である「歳末大売り出し」は、新型コロナウイルス感染症対策として3密回避を徹底する形式に変更。300円以上の商品購入でもらえる富くじの当選番号を12月17日から12月19日の3日間、にぎわい亭の掲示板やホームページ、大売り出し参加店舗で発表することにします。

今回、当選者には商店街から、物品や商品券ではなく、特賞3万円を3本、1等1万円を5本というようにあくまで賞品は現金にこだわりました。「新型コロナウイルス感染症の予防を心掛け、日々来てくれているお客様に還元したい。できるだけ多くの人に楽しんでいただきたいです」と茨木阪急本通商店街事務局長の福田修さん。

「商店街の良さを改めて皆さんに知っていただくきっかけになってほしい」と、期待を込めて熱く語ってくれました。


茨木阪急本通商店街入り口

 

「歳末大売り出し」の賞品は現金のみに