みんなで守ろう。おおさか 商店街行動宣言

感染対策万全、笑顔のクリスマスイベント<GoTo商店街>

2021.01.05
堺市中区
深井プラザ商店会
需要喚起

深井プラザ商店会は泉北高速鉄道深井駅の駅高架下のショッピングゾーンとして、21店舗のバラエティー豊かな店舗が展開しています。

12月1日から12月25日まで「クリスマス装飾イルミネーション」と「スタンプラリー」、12月25日には「クリスマス抽選会」と「ハンドベルなどのステージ」を開催しました。開催の際は、大阪府の感染症対策等支援事業で配布されたポスターなどを活用しつつ、消毒液設置やフェイスガード着用など万全の態勢で臨みました。

「クリスマス装飾イルミネーション」は好評で、地元の人たちが特大クリスマスツリーや光のイルミネーション前で写真を撮ったりして楽しんでいました。「新型コロナウイルス感染症の影響でなかなかお出掛けできない中、少しでもクリスマス気分を味わってほしかった」と深井プラザ商店会会長の竹井進さん。

「クリスマス抽選会」は1階のステージと密になるのを避け、2階で開催しました。皆さんの安心・安全のために消毒液を設置し、マスクとフェイスガードで対応しました。不特定多数の人が触れるガラガラは、手指を消毒したうえで手袋をはめて回してもらいました。豪華な景品に皆さん笑顔があふれていました。


ステージでは、お客さん同士の距離を保つ工夫も。密回避のため、座席は設置せず多くのお客さんに気軽に楽しんでもらえるスタイルにしました。クリスマスらしいハンドベルやシンガーのお姉さん等多彩な催しで盛り上がりました。

「人出は例年と比べるとだいぶ少ないです。でも地域の方に楽しんでもらえて良かった」と竹井さん。これからも感染対策をしっかりし、気軽に立ち寄ってくれるような商店会を目指します。

手袋をして参加してもらった抽選会

 

ビニールシートを貼り飛沫対策万全のステージ

 

立ち位置には間隔をとるためのサインを掲出