みんなで守ろう。おおさか 商店街行動宣言

マスクにQRコード 公式LINEに登録を! <モデル創出事業>

2021.08.23
中河内地域東大阪市
布施商店街連絡会
需要喚起

東大阪市の布施商店街連絡会では、この夏、公式LINE登録画面へのQRコードなどがデザインされたオリジナルマスクを1,000枚制作しました。このマスクを商店主らが着用することで、感染症対策を行うとともに、公式LINEへの登録を促すことができる優れもの。新型コロナウイルス拡大で、大きなイベントなどキャンペーンが打ち出せない状況が続きますが、PRを諦めない商人の知恵が光ります。

「これまでのチラシだけではなく、SNSなどを通じて広く効果的に情報を発信していきたい」と話すのは同連絡会会長の加茂守一さん。昨秋より運営を開始したLINEアカウントでは、毎週5件ほどの店舗情報や、イベント情報などが配信されており、現在、登録者数は1,500人を突破しました。加茂さんは「目標は3,000人登録」と意気込んでいます。

また同商店街では11月27日、隣接の布施戎神社と連携して「第41回布施戎福娘コンテスト」を開催予定。ミス福娘、準福娘ら計9名の福娘を選ぶ、年末の恒例行事です。今年は感染症の影響を考慮し、YouTubeでの生配信を計画中。選ばれた福娘は、商店街や布施戎のPRで活躍する予定です。福娘に関する最新情報も随時、公式LINEアカウントで配信されます。明るく、にぎやかな福娘とともに、良い新年を迎えたいものです。

公式LINEアカウント情報など布施商店街連絡会HPはこちら



QRコード付きマスク



QRマスクお披露目会議風景



商店主にマスクを配布