みんなで守ろう。おおさか 商店街行動宣言

商店街イベント、オンラインでも楽しもう <モデル創出事業>

2021.08.23
大阪市旭区
千林商店街振興組合
需要喚起

昔ながらの下町の風情が残る千林商店街。地域のお客様とのふれあいを大切にする一方で、若い世代への情報発信が課題でした。そこで商店街では、QRコードやSNSを活用した取組みにチャレンジし、商店街の魅力を多くのみなさんに知ってもらおうと意気込んでいます。

QRコードを活用した「オンライン抽選会」では、抽選券に印刷されたQRコードを読み込むことで、オンライン上で抽選会に参加できる仕組みです。非接触型で密になることなく楽しんでもらえるよう、工夫をこらしています。SNSでの情報発信にも力を入れており、インスタグラムやフェイスブックのほか、新たに公式LINEを開設。謎解きイベントやフォトコンテストなど、商店街で行われるさまざまなイベント情報を発信し、若い世代のファン獲得をめざしています。各SNSの登録者数も着実に増加しており、関係者は手応えをつかんでいるようです。

また、京阪電鉄とコラボし、昭和の千林周辺の写真を紹介する恒例の「昭和写真展」を今年も開催する予定です。千林商店街振興組合の信達谷正治さんは「感染症対策を徹底していますので、多くのみなさんに写真鑑賞を楽しんでもらいたい」と話しています。

千林商店街のHPはこちら



感染症対策啓発に取り組む千林商店街



商店街の新たなチャレンジに向けた担当者会議