みんなで守ろう。おおさか 商店街行動宣言

セレッソ大阪を応援!似顔絵タペストリー制作

2021.10.13
大阪市東住吉区
駒川商店街
需要喚起

東住吉区にある駒川商店街では、かねてより地元サッカーチームのJリーグセレッソ大阪を応援。ホームゲームの日にはセールや商品割引を実施するなど、応援企画に取り組んできました。
長居公園内にある球技場「ヨドコウ桜スタジアム」の拡張工事が完了し、7月17日に行われた初のJリーグ公式戦では、大阪シティ信用金庫の紹介によりスポーツ紙の号外に商店街の広告を掲載することでセレッソ大阪を応援しました。

そのつながりで今回、学校法人大原学園でデザインを学ぶ学生とタッグを組み、セレッソ大阪応援タペストリーを制作しました。
セレッソ大阪応援タペストリーは今まで文字のみでしたが、大原学園の学生によって、現セレッソ大阪社長で「ミスターセレッソ」こと森島寛晃氏や、選手らの似顔絵が描かれ、商店街のアーケードに彩りを添えました。

駒川商店街振興組合専務理事の寺世基宏さんは「1年でも2年でも長く掲示し、お客さんに愛されてほしい」と話しました。
駒川商店街にお越しの際は、ぜひタペストリーをご欄になってください。今後は、再び大原学園の学生と協力し、スポーツ紙の号外に広告を出した15店舗の店主らの似顔絵などを作成し、商店街を盛り上げていく予定です。

駒川商店街のHPはこちら



今回新しくなったタペストリー



駒川商店街の風景



今までのセレッソ大阪応援タペストリー