みんなで守ろう。おおさか 商店街行動宣言

スタイリングフォトブック 商店街に元気が戻る

2021.10.14
大阪市中央区
千日前商店街
需要喚起

千日前商店街と上田安子服飾専門学校は、ミナミエリアの活性化を目的に、ミナミにゆかりのある企業や団体、商店会等で組織する「ミナミまち育てネットワーク」の会員同士。コロナ禍で疲弊するお店を少しでも元気にしたい商店街と、産学連携の取組みを通じて学生のキャリア形成をサポートしたい専門学校とがマッチングして、「商店街でファッションショー」を企画しました。
緊急事態宣言を踏まえ、各店のユニホームをスタイリングし、それを着たモデルを店の内外で撮影するスタイリングフォトブックを制作することになりました。

今回の企画を千日前商店街振興組合の理事長・田島義久さんは「コロナ禍で休業中の店も多い中、16店舗が参加してくれました。感染状況を見極めながら企画調整を進めなければならず、難しい面もありましたが、学生さんたちが自分でモデルを連れてきて、自分で撮影するお店を決め、取材許可も取ってきました。授業の一環とはいえ、よく頑張ってくれて励みになりました。撮影当日は感染症対策を徹底しながら、商店街のマスコットキャラクターみにゃみんを練り歩かせたことで、久しぶりに商店街に元気が戻りました」と話します。

フォトブックは数百部作られ、各店舗や学校など関係者に配られました。フォトブックを見たお店の方や学校関係者は「すごいものができたね」「これは嬉しい」と絶賛されたそうです。
「未来のスタイリストになったつもりでお店を切り取ることにより、新たな魅力の発信に繋がった。来年の6月はファッションショーを実施したい。千日前商店街と道頓堀をランウェイにしたい」と田島さんは意気込んでいます。

スタイリングフォトブックは、千日前商店街のヤッコ洋品店で配布されています。なくなり次第配布終了となりますので、是非、早めに商店街を訪れてご覧ください。

千日前商店街のHPはこちら



スタイリングフォトブックの表紙



中身は学生たちの思いが詰まっています



スタイリングフォトブックの撮影風景



千日前商店街のマスコットキャラクターみにゃみん